Documents

ballstick, CPK等で複雑な着色を行いたい場合

  • simple
  • trace
  • ballstick
  • cpk

以上の4種類のrendererに関しては,SimpleColoring(基本的な元素による色分け 或いは温度因子などによるgradient着色)しか行えません.

これらと同じタイプのrendererで,FancyColoring(選択による範囲指定で着色)を行うには,

  • paint_simple
  • paint_trace
  • paint_ballstick
  • paint_cpk

を使用します.

使用法

これらのレンダラーの色等の設定は, 現在(1.0.0 build 60)のところ. QScriptからしか行えません.

まず$molに分子オブジェクトを格納し, 以下のようにレンダラーを作成します.

 $mol = readPDB($pwd+"blm_ab.pdb","blm_ab");
 $r_p = $mol.createRend("protein", "paint_ballstick");

さらに,色を設定する部分を選択し,molvis.paint()メソッドにより色を指定します.

 $mol.select(%{resn ARG, LYS, HIS%});
 molvis.paint($r_p, color.hsb(240, 0.4, 1.0));

paint_系rendererは色以外の形状に関するプロパティー(sphr等)は originalのものと同じものが使用できます. FancyColoring色設定は,tubeやribbonのものと同じですので,

も参照してください.


Last-modified: Sat, 30 Oct 2004 14:41:48 JST (6197d)